成功するために知っておきたい失敗談と例

記事リスト

2017年07月24日
ミッション(上席執行役員クラス篇)を更新。
2017年07月24日
成功するために知っておきたい失敗談と例を更新。
2017年07月24日
6段階で構成されているマーケティングリサーチを更新。
2017年07月24日
市場調査を行う意義とその重要性を更新。

新規事業にての市場調査の失敗談

市場調査というものは、新商品の市場価値を測ったり、既存サービスの新規顧客開拓を狙って行われるものだと思います。しかし、調査方法が適切でなければそれは何の価値も持ちません。かつて画期的なサービスであったにも関わらず、市場調査の失敗によって企画が白紙となり、結果としてその分野で後塵を拝するということも数多くあるのです。一つの例としてとある企業Aの例を取り上げましょう。
Aは当時、グリッド・コンピューティングの応用として、データ共有サービス(今でいうクラウドサービスそのもの)の提供を検討しており、市場調査を行うこととなりました。当時は企業の数千人の社員たちのPC内作業データの管理や、それによるファイル共有などは各々の会社が苦心しており、その必要性から一定の事業性評価を得る事ができました。
しかし、Aはその事業を実際に始めることはありませんでした。というのも当時はクラウドサービスという言葉が存在しなかったことからわかるように、その具体的な利用方をA自身も含めて誰も知りませんでした。新規事業における市場調査はユーザーが体感できるだけの具体的なサービスモデルを作ってやる必要があったのですが、Aはそれをせずにアンケートやヒアリングで済ませてしまったがために、調査そのものの価値がなくなったのです。

市場調査の重要性

市場調査の重要性をここでは紹介したいと思います。市場調査は字の通り市場(ここでの市場は企業にとっての顧客を指します)の調査です。この調査を元に企業は新しいサービスやヒット商品を顧客に提供出来るように企画して開発していきます。これを分かりやすく説明すると長距離走の選手が大会に出て1位を目指す事と言えます。
長距離走の選手は企業、長距離と言う種目は市場調査、1位を目指す事は顧客が満足するサービス、商品を提供する。に置き換える事が出来ます。長距離選手は1位になる為長距離の練習をします。もしこの選手が自分の出る種目に関して何か分からず、または間違えて伝わっていたとします。
選手は毎日1500m走の練習をしていました。いざ大会に出場すると自分の出る種目は5000m走でした。どうなってしまうか結果は明らかです。市場調査とは選手が何の種目に出場するのかを正確に伝える事と同じなのです。市場調査がいい加減に済まされたり、ミスがあると企業(選手)がどんなに優れた物を開発(練習)しても顧客が欲しいと思う物でなければ、誰も購入しません。(大会に参加して1位になれない)この事からいかに市場調査が重要かと言う事が分かって頂けたと思います。

最新の情報

成功するために知っておきたい失敗談と例

新規事業にての市場調査の失敗談 市場調査というものは、新商品の市場価値を測ったり、既存サービスの新規顧客開拓を狙って行…

もっと知ろう

6段階で構成されているマーケティングリサーチ

市場調査を行う理由 一般的に市場調査とは、ある分野の商品やサービスなどにおいて、市場での売れ行きの動向やどんなものが売…

もっと知ろう

ミッション(上席執行役員クラス篇)

文化の違い 基本的に人類みな同じではありません。この事実は文化の国境を越えたマーケティング・スキルを磨くうえで心に留め…

もっと知ろう

市場調査を行う意義とその重要性

市場調査をする意義 市場調査という言葉について、ご存知でしょうか。市場調査とは、英語にすると「MarketingRes…

もっと知ろう